【サービス】固定電話+携帯電話へかけ放題!通話料無料で掛けれらる『Viber』の紹介

この記事をシェアする

スポンサーリンク
Viber

【2016/8/9 更新】

昨日8/8に楽天が発表した大ニュース。なんと、2014年2月から行っている「国内の固定電話への通話料無料キャンペーン」が拡大され、「(携帯電話を含む)すべての国内電話への通話料無料トライアル」を開始しました。

格安SIM・格安スマホというワードが定着してきましたが、出来るだけ通信費を抑えたい方におすすめのサービスを紹介。

スポンサーリンク

【Viber】とは

iPhone3GがSoftBankから発売され、徐々にスマートフォンの認知度が上がっていったその頃、今の「LINE」の立ち位置でiPhone利用者の多くが利用していたアプリ。

簡単な登録で、VoIP技術によるアプリ間の無料通話とチャット機能が利用できるサービス。

ただ、制作はキプロスのViber Mediaが行っており、日本語化を含めローカライズが足りなかったのかLINEの出現により日本市場ではその地位を奪われることになりましたが、193ヵ国の約4億4900万人が利用(2014年10月時点)している世界的に有名なサービスです。

その後、2014年2月に楽天が9億ドルで買収し楽天の子会社になりました。
プレスリリース「Viber Media Ltd.の株式の取得(子会社化)に関するお知らせ

国内の固定電話への通話料無料キャンペーン

アプリ間の通話が無料なのに加え、有料ではありますが「Viber Out」という国内外の電話へも発信が可能になるサービスがあります。

例えば、
国内の固定電話へ3.56円/分・携帯電話へ11.61円/分
アメリカの固定・携帯電話へ2.25円/分
イギリスの固定電話へ2.25円/分・携帯電話へ6.99円/分
情報元:Viber Out料金一覧

米ドル建てなので円換算額は2015/2/10時点ですが、これだけ見てもとてもリーズナブルだと思いますが、

楽天が買収した2014年2月に始まった「国内の固定電話への通話料無料キャンペーン」は大きな魅力があります。

キャンペーン名でも分かりますが、通常は3.56円/分の通話料がかかる固定電話への通話料が通話時間や回数の制限なく完全無料で利用できるという内容です。

日本市場での知名度を上げるために始めたキャンペーンだと思われますが、約1年経過した現時点でも継続して行われています。

Viberを利用する

利用するスマートフォンにViberアプリをインストールし、電話番号を入力。送られてきたSMSに記載の認証コードをアプリに入力すれば認証完了です。

メリット

  • Skypeなどの様にアカウントを登録したり、ログインしたりする必要がなく利用開始までの手順がシンプル
  • SkypeやLineなどVoIP技術を使ったサービスがたくさんある中で、高音質かつ遅延があまり無いと定評があり、普通の電話と大差なく通話できる
  • iOS・Androidだけでなく、Windows Phone・BlackBerryという比較的マイナーなスマートフォンOSにも対応。スマートフォン用OSで既に登録していることが前提になりますが、Windows(7以前も使えるソフトと8向けアプリ)・Mac用のパソコン向けソフトもあるため使えない環境がほとんどない
  • 上と関係しますが、Viber Outを含めほとんどの機能がパソコン向けでも利用でき、固定電話への無料通話可能
  • 履歴からアプリを終了させても、通話が掛かってきた時やメッセージが届いた時に通知される
  • 無料で使えるサービスなのにアプリ内に広告が表示されず、メルマガもない
  • 楽天のアカウントと紐付けると、楽天スーパーポイントが貯まりますが、様々なキャンペーンをしていて今だとViberだけでひと月に1000ポイント以上貯めるのも不可能ではない
  • 通話中のトーン信号入力にも対応

デメリット

  • Viber Outで発信した場合、相手の電話に発信者番号が通知されない(非通知)ので携帯電話やナンバーディスプレイを利用している固定電話などに取ってもらいにくいかもしれない
  • LINEと同様、電話帳を読み込んでそのリストを元に利用者が結ばれる方法を使っているため、抵抗がある方もいるかも
  • iOSの場合は電話帳の同期を回避する方法がありますが、Androidの場合それが出来ないので登録している番号がそのまま同期される
  • 電話番号での認証を使っていて他の利用者の電話帳に自分の番号が登録されている場合、「○○さんがViberを始めました」という通知が相手に届き、これはiOSでも回避できない
  • グループ通話が出来ない
  • 複数のスマートフォン端末を同じ電話番号で認証して使うことが出来ない(パソコン向けだと、同じ番号で複数台利用可能)

まとめ

楽天が買収後、日本語化やステッカー(LINEのスタンプに相当)などの新機能追加に加え、サービス利用で楽天スーパーポイントがもらえるようになったりと、より使いやすく進化したなぁと感じる一方、

電話帳に登録されている電話番号で紐付けるという方法に抵抗を感じる方や、特定の人とだけViberを使いたいと思っている方にとって、利用するにはまだハードルが高いかなと。

私の場合、電話かけ放題プランに入っている回線があるので以前ほどViberを利用する機会は減りましたが、パソコンやサブで使っているスマホに入れています。

飲食店やケータイショップなどのお店にはもちろん、問い合わせ窓口への電話にもよく使っています。

「固定電話へ通話料無料」はキャンペーンなのでいつか終わる時が来るとは思いますが、その時までは使い倒していきたいと思っています。

もし、まだ利用された事がないのであれば登録して使ってみてはいかがですか?

スマートフォンで下のアイコンを押すと対応アプリ画面に移りますが、私の紹介として私に100ポイント、登録される方に50ポイントが付与される(楽天アカウントと要紐付け)ものになっています。同意していただける方はどうぞm(_ _)m

Viber

それ以外の方は、こちらのダウンロードページよりどうぞ。

訂正や追加情報などありましたら、お気軽にコメントで教えていただけると幸いです。

また、feedlyへの登録もしていただけると大変励みとなります(^^)
follow us in feedly

簡易アンケートに参加して頂けるとうれしいです^^
この投稿は役に立ちましたか?

○ はい ✕ いいえ
35人中26人がこの投稿は役に立ったと言っています。
スポンサーリンク

この記事をシェアする

気になることを少し@沖縄をフォローする

コメント

  1. 秋好孝則 より:

    Viberの事でお訪ねします。Viberは、0570で、はじまる番号も、無料で、掛けられますか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA