Android版【YOGA Tablet 2-830L SIMフリー】も購入してしまいました^^; 3000円のキャッシュバックは今日4/5購入分まで!

この記事をシェアする

スポンサーリンク
YOGATabAnNTT-X

2014年の春に初代「YOGA TABLET 8 SIMフリー」を購入。

本体の片側にシリンダー型のバッテリーが配置されている独特なデザインですが、バッテリー持ちの良さとシリンダー部分が無段階調節が可能なスタンドとなるというとても合理的な作りに虜になってしまいました。

昨年の10月にWi-Fi版の「YOGA Tablet 2」が発表・発売され、初代と同じAndroid版にWindows版も加わりました。

この時点で次世代機も購入しようと考えていたのですが、個人的によく使うソフトがWindowsのみでしか使えないためSIMフリーのWindows版を購入することに。

http://sn9-blog.okinawa/2015/01/08/207

スポンサーリンク

購入するキッカケ

Android版の初代「YOGA TABLET」には満足していたのですが、Windows版を購入することを早い段階で決めていたため、Android版の進化についてはほとんど調べていませんでした。

そんな私に、Android版の「YOGA Tablet 2」 の魅力を教えてくれたのがこの動画です。

Twitterでもお世話になっているYouTuberのかじまっくさん。ものの数分でYOGA Tabletの魅力をここまで伝えるところはさすがです(╹◡╹)スゴイ(前編はこちら

スタンド機能や迫力のあるステレオサウンドなどハード部分の魅力は既に実感済みですが、ソフト部分で特に惹かれたのがマルチウィンドウ機能

初代でも動画を別枠で表示させながら他の作業をすることは可能でしたが、今回のUIではそれが様々なアプリで出来てしかも3つ以上同時に使えるということ。
【2015/4/10 訂正】マルチウィンドウ機能を使えるのは指定された8つのアプリのみで、同時起動も3つまででしたm(_ _)m

毎日頻繁に使う機能ではないですが、メモ帳に記録を付けながら電卓で計算をしたり、ブラウザで調べ物をしながら動画を見たりetc…あるととても便利なのは想像するだけでも十分伝わると思います。

他にも、ベンチマーク(AnTuTu Benchmark)の値が初代の2倍以上になっていることも快適に使えそうだと感じた点。

購入を決めた理由

とは言っても、既に【Windows版 YOGA Tablet 2 SIMフリー】を持っていて、今年は端末を減らしてシンプルにしてくつもりの私にとっては言い訳して買うにはまだ足りません(^_^;)

そこで思い出したのが、両親が使っているタブレットのこと。

2年ほど前の話になりますが、外でも使える両親がタブレットを持ちたいということでセルラー版のAndroidタブレットを探していたのですが、私が最初に使ったタブレットが7.9インチのiPad miniだったからか普及帯の7インチサイズでは小さく、これならスマホで十分ではと感じていました。

そんな中docomo版「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」は、筐体サイズがNexus7とあまり変わらないにも関わらず画面サイズは7.7インチでLTE対応と、私の条件を満たす機種でした。

それで2013年6月に白ロムで購入しIIJmioのデータSIMを入れて使っていたのですが、元々スペックが高かった訳でもなかったため、発売されてから2年半近く経っている現在は操作方法を教えるためなどでさわるとストレスを感じるレベルに…

加えて、OSのバージョンも4.0.4で終了しているため、入れれないアプリが増えてきているのも問題でした。

やはり、こういった機器の寿命は短いなぁと感じ、OSのサポートも十分してくれないキャリア版ではなくSIMフリー版への買い替えを1年近く前から勧めていました。

しかし、LTE対応のSIMフリー版で画面サイズが8インチ近く、かつ3万円以内という条件を満たす機種がなかなか見当たらず、ここ最近は探していませんでした。

そこに現れたのがこの「Android版 YOGA Tablet 2-8 SIMフリー」です。先の条件を満たしつつ、既に先代の機種でその良さを十分に味わっていたため買い換えるのに申し分ない機種だと感じました。

そこで両親に相談。キャッシュバック3000円があるため実質2万7千円ほどで購入でき、今の機種を買い取ってもらうと1万2千円ほどだから、実質的に1万5千円の負担で済むという事を伝えると、まず1台購入してみようということにヽ(´ー`)ノ

もろもろの手続きは私が行なう代わりに、最初はいじらせてもらえる事になりました。

自分の端末を増やさずして、ガジェット欲を満たせる結果になりました(^^ゞ

Lenovo公式の3000円キャッシュバックキャンペーンは今日4/5購入分まで

以前のエントリーで、SIMフリーのWindows版(10.1型)がAmazonで購入したらAmazonでの割引とLenovoのキャンペーンで実質44800円と紹介しました。

http://sn9-blog.okinawa/2015/03/09/648

しかし、この記事の執筆時点(2015/4/5 7:30時点)ではAmazon.co.jpの販売価格が46638円で、Amazonの2000円割引とLenovoの3000円キャッシュバックを考慮すると実質41638円となっています。

他のモデルを含め、現時点での販売価格と割引・キャッシュバックを考慮した実質価格をまとめると。

Android版 SIMフリーモデル

●10.1型

Amazon.co.jp 販売価格:36950円 実質価格:33950円

NTTコムストア(OCN SIM付) 販売価格:32800円 実質価格:29800円

NTTコムストア(SIMなし) 販売価格:36950円 実質価格:33950円

●8.0型

Amazon.co.jp 販売価格:29842円 実質価格:26842円

NTTコムストア(OCN SIM付) 販売価格:29980円 実質価格:26980円

NTTコムストア(SIMなし) 販売価格:29842円 実質価格:26842円

Android版 Wi-Fiモデル

●13.3型(Pro:プロジェクター内蔵モデル)

Amazon.co.jp 販売価格:51795円 実質価格:48795円

NTTコムストア 販売価格:60912円 実質価格:57912円

●10.1型

Amazon.co.jp 販売価格:30952円 実質価格:27952円

NTTコムストア 販売価格:35424円 実質価格:32424円

●8.0型

Amazon.co.jp 販売価格:25020円 実質価格:22020円

NTTコムストア 販売価格:30348円 実質価格:27348円

Windows版 SIMフリーモデル

●10.1型

Amazon.co.jp 販売価格:46638円 実質価格:41638円

NTTコムストア(OCN SIM付) 販売価格:49980円 実質価格:46980円

NTTコムストア 販売価格:46638円 実質価格:43638円

Windows版 Wi-Fiモデル

●10.1型

Amazon.co.jp 販売価格:47649円 実質価格:42649円

NTTコムストア 取り扱いなし

●8.0型

Amazon.co.jp(マーケットプレイス) 販売価格:28792円 実質価格:25792円

NTTコムストア 販売価格:37476円 実質価格:34476円

訂正や追加情報などありましたら、お気軽にコメントやTwitter(@sn9_blog_oki または @okkiisane)で教えていただけると幸いです。

また、feedlyへの登録もしていただけると大変励みとなります(^^)
follow us in feedly

簡易アンケートに参加して頂けるとうれしいです^^
この投稿は役に立ちましたか?

○ はい ✕ いいえ
0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。
スポンサーリンク

この記事をシェアする

気になることを少し@沖縄をフォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA