『Pocket WiFi 305ZT』を通常速度に戻す申込み手順 by @jinguji1

この記事をシェアする

スポンサーリンク
305ZT_dtlow_a03

このエントリーでは、305ZTユーザーなら知らない人はいないのでは?と言えるほど305ZTを使い倒し、ひと月に1TB(1024GB)以上使っておられる【むかい なおき(@jinguji1)】さんの作成された「305ZT通常速度に戻す申込み手順書.pdf」の紹介をしたいと思います。


月間の通信量が7GBを超えると、通信速度が低下し128kbps程度に規制されますが、『Pocket WiFi 305ZT』なら通常速度に戻す追加料金500円/500MBが2年間無料なのでこの手続きすら出来れば使い放題です。

ただ、この手続きが手順が多く分かりづらく厄介だったので私も最初は戸惑うことが何度かありました。

そんな中、むかいさんが分かりやすく手順を示した手順書を作成してくれました。一ユーザーとして感謝していますm(_ _)m

まず、PDFファイルのダウンロードはこちらから
305ZT通常速度に戻す申込み手順書.pdf

手続きをする方法は3つ。

  1. 『Pocket WiFi 305ZT』端末から
  2. ウェブ上のMy Y!mobileから
  3. 電話から

それぞれでの方法の手順についてはPDFファイルに記載されているのでここでは、方法別のメリット・デメリットを。

1. 端末から

メリット
  • 手元に端末があれば直ぐに出来る
  • 残り200MBで制限がかかるというお知らせの後、予約手続きすれば超過してもそのまま制限を受けず利用できる
  • 3つの方法の中で手順が少なく、時間がかからないのはこの方法
デメリット
  • 端末が手元になければ出来ない
  • 制限がかかる直前(残り200MB)とかかった直後にお知らせは来るが、それ以外のタイミングで事前予約が出来ない
  • 【Y!mobile A 3G】接続時はお知らせが来ないため、低速化すると別回線からMy Y!mobileに接続して手続きする必要がある

2. My Y!mobileから

メリット
  • 端末が手元になくても手続き出来る
  • まだ7GB使っていない時を含め事前予約がいつでも出来る(1回分)
  • ウェブ上のサイトなので、端末が調子が悪くて申込み出来ない場合でも、他のインターネット回線経由で手続き出来る
デメリット
  • 手順書の説明が2ページに渡ることからも分かるように、手順が多くめんどくさい

3. 電話から

メリット
  • 端末が手元になくても出来る
  • 別のインターネット回線がなくても出来る
  • 制限が掛かる前でも受付でき、その場合は予約扱いとなる
デメリット
  • 音声を聞きながらプッシュしていくので、3つの方法の中で一番時間がかかる
  • 普段使うことのなく覚えにくい契約電話番号(A番号)とネットワーク暗証番号を入力する必要があるので、事前に記録・記憶しておかないと手続きが出来ない
  • 制限解除の受付時間は9:00~20:00のため、夜から朝にかけて使えない

4. 全てに共通する注意点

  • 低速化後に手続きをすると、速度が戻るまで端末から又はMy Y!mobileからの場合は5分、電話からの場合は15分~30分ほどかかる
  • My Y!mobileのメンテナンス中はどの方法でも解除出来なくなる

それぞれ特徴がありデメリットもありますが、3日間1GB制限がなく比較的広範囲で高速通信がほぼ無制限で使える魅力をもってすれば苦にならないです(^^ゞ

むかいさんの手順書を片手に、快適な通信環境を楽しんでください!

訂正や追加情報などありましたら、お気軽にコメントやTwitter(@sn9_blog_oki または @okkiisane)で教えていただけると幸いです。
 
また、feedlyへの登録もしていただけると大変励みとなります(^^)
follow us in feedly

『Pocket WiFi 305ZT』関連エントリー

簡易アンケートに参加して頂けるとうれしいです^^
この投稿は役に立ちましたか?

○ はい ✕ いいえ
6人中5人がこの投稿は役に立ったと言っています。
スポンサーリンク

この記事をシェアする

気になることを少し@沖縄をフォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA