本当はもっと使いたかった(~_~;) 『Pocket WiFi 305ZT』を解約 ②解約手順と費用

この記事をシェアする

スポンサーリンク
305ZT_end02

【3/18追記 一括購入した場合の料金を記載していたので、分割購入時の情報も追加しました】

前のエントリーでは『Pocket WiFi 305ZT』を解約するに至った理由を扱いました。

http://sn9-blog.okinawa/2015/03/15/722

このエントリーでは、実際に解約した時の手順と費用について取り上げます。

ここでは、Y!mobileと直接契約(ショップや、100円PC市場のような正規代理店含む)した場合の解約方法を扱っています。家電量販店で契約したものや、Y!mobileのMVNOとしてサービスを行っているプロバイダー(Yahoo!・楽天・GMO・So-netなど)と契約されたものについては異なる可能性がありますのでご注意下さい。

スポンサーリンク

解約方法

解約方法は、カスタマーサポートへの電話かY!mobileショップで行なえます。今回は電話で解約しました。

カスタマーサポートへの電話

Y!mobileでは、オペレーターによる対応が可能な総合窓口は通話料有料となっています。

ymobile_tel151

対応時間(9時~20時)に上記の番号に電話し、最初は音声ガイダンスが流れます。

操作は【2:各種お手続き】→【1#:ポケットワイファイ】→【契約電話番号(A番号) または 登録電話番号】+【ネットワーク暗証番号】となります。

オペレーターに繋がったら解約したい旨を伝え、解約予約手続きしてもらいます。私の場合、契約してまだ3ヶ月ほどだったので何度も止められましたが(^_^;)

電話番号に関するちょっとしたテクニック

普通に「151(「だれとでも定額」の時間内は無料)」または「0570-039-151(ナビダイヤル)」にかけてしまうと”通話料有料”ですが、実は時間制限なく通話料無料でかける方法があります。

それは【海外から(有料): +81-44-382-0800】にかける方法。番号を見てすぐ気付かれた方もいると思いますが、この番号は日本の国番号(81)を付けた日本国内の固定電話の番号(044-382-0800)になります。各キャリアが行っている定額かけ放題プランでもナビダイヤルは有料になりますが、こちらの番号は固定電話への通話となるため定額対象です。もちろん、先日紹介したViberからも無料でかけれます。

この方法は、他の問い合わせなどにも応用ができるので是非使ってみてください。

【サービス】固定電話+携帯電話へかけ放題!通話料無料で掛けれらる『Viber』の紹介

ショップでの解約

店頭での解約手続きは、Y!mobileショップでのみ行なえます

注意点として、家電量販店で契約した回線についてはショップで解約は出来ないようです。以前ヤマダ電機で契約した『Pocket WiFi GL10P』をショップで解約してもらおうと訪れたところ、直営店または代理店で契約していない回線は扱えないため電話で解約して下さいと説明されました。

解約までの実費

約3ヶ月間の費用

昨年11月20日~今年2月28日まで実際にかかった費用がこちら。

利用月 通信量 制限解除申込数 費用
2014年11月 5.03GB 0回 5487円
2014年12月 12.32GB 9回 2247円
2015年1月 5.22GB 0回 2245円
2015年2月 7.36GB 1回 12505円
合計 29.93GB 10回 22484円

2014年11月と2015年2月は、それぞれ契約事務手数料(3240円)と契約解除手数料(10260円)が含まれています。

また、ユニバーサルサービス料は昨年12月まで【3.24円/1番号】でしたが、今年1月より【2.16円/1番号】へ変更となったためデュアル番号の『Pocket WiFi 305ZT』では維持費が月2円ほど安くなっています。

ここで嬉しい誤算だったのは、最終利用月の費用

以前のエントリーで解約時の費用を試算しているのですが、内容はこちら。

①24ヶ月目までに解約した場合

Pocket WiFiプラン+(にねん):6200円
おトク割:▲2504円
ユニバーサルサービス料:4円
解約手数料:9500円
――――――――――――
月額料:13200円(税込14256円)

試算額と実際の請求額を比較すると、請求額の方が1751円安くなっていました

ポイントは解約日

試算額が請求額とズレていたのは、【月額割引:1621円(税込1750円)】が適用されていなかったため。

月額割引の適用終了のタイミングについて、「購入当月から24ヶ月目 または 解約月の前月まで」と記載されていたので最終利用月(私の場合、2014年2月)には適用されないと思っていました。

しかし、解約の電話をした時のオペレーターとの会話を思い出すと、

私「今月(2015年2月)で解約したいので手続きお願いします」
オペレーター「定額プランの場合、月の途中で解約が出来ない(日割りにならない)ため月末まで使用可能です」
私「わかりました」
オペレーター「では、3月1日付で解約の予約を承りました

という内容だったと記憶しています。

実際、My Y!mobileを確認すると、【解約日:2015年3月1日】と記載されていました。

305zt_end03

つまり、「2月28日までは使用できるけど3月1日からは(解約しているから)使えない」という意味のようです。

そうすると、解約月は2015年3月となるので、最終利用月である2015年2月については【月額割引】 が適用されるというが正しい解釈となるようです。

305zt_end04

という事で、最終利用月の料金内訳は下記のようになりました。

Pocket WiFiプラン+(にねん):6200円
おトク割:▲2504円
月額割引:▲1621円
ユニバーサルサービス料:4円
解約手数料:9500円
――――――――――――
月額料:11579円(税込12505円)

【追記 端末を分割で購入した場合】

端末代が42000円(税込)で1750円の24回払い

初月と2ヶ月目以降の維持費は、一括購入時の税込額に1750円を足したものになります。

また、解約月に端末の残割賦額【42000円-{1750×(利用月数-1)}円】がまとめて請求されます。

例)利用月数4ヶ月で解約した場合(2015年1月以降に契約した場合)
初月(契約月):5485+1750=7235円
2ヶ月目以降:2245+1750=3995円
解約月:12505+36750=49255円

まとめ

docomo・au・SoftBankでスマートフォンを解約する時は最終利用月に月額割引に相当するものが適用されなかったのですが、Y!mobileの場合(Pocket WiFiの場合に限るのかも)最終利用月にも適用され、月の途中に解約申込をしても月末まで使えるのは良心的だと感じました。

電話で解約の際は、無料になるよう工夫する事をおすすめします。昼休み・夕方~夜・月末など混み合う時間にかけるとオペレーターに繋がるまで10分以上待たされることも少なくないので、ナビダイヤルなど従量課金での精神的・経済的苦痛を避けれます(^^;

このブログで『Pocket WiFi 305ZT』に関連するエントリーの数を見てみると、この機種を通して私自身色々と成長させてもらったなと感じました。

今年に入ってlivedoorブログから引っ越しして本当の意味で自分のブログを立ち上げることにしたのも、沢山の方が『Pocket WiFi 305ZT』記事を見に私のブログに訪問してくださり、多くの反応をいただいた事が大きかったので。

この機種に関する情報について取り上げる事は少なくなると思いますが、今後も何か情報をいただいたらどんどん共有していきますし、私自身が使っている他のガジェットに関する情報を取り上げますのでどうぞよろしくお願いします。

訂正や追加情報などありましたら、お気軽にコメントやTwitter(@sn9_blog_oki または @okkiisane)で教えていただけると幸いです。

また、feedlyへの登録もしていただけると大変励みとなります(^^)
follow us in feedly

『Pocket WiFi 305ZT』関連エントリー

簡易アンケートに参加して頂けるとうれしいです^^
この投稿は役に立ちましたか?

○ はい ✕ いいえ
25人中21人がこの投稿は役に立ったと言っています。
スポンサーリンク

この記事をシェアする

気になることを少し@沖縄をフォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA